子供4人、単身赴任、専業主婦から英語講師に転身したライフ&メソッド、英語勉強法、海外トピックなど綴っていきます!

by 2012lib

受験真っ只中ですね

先週奈良県は私立高校の入試、発表でした。
そんな週に新規開校は大変でした(;_;)

それはさておき・・・

我が子達の受験を見てると、なにがベストなのか、わからないです。

まず長女。帰国したのが中3の春。小6の一時帰国の時に、二つの大学附属を見学。そして帰国が決まった時に、そこへ行きたい!と編入試験を受けて合格。

それまで勤勉だった彼女ですが、付属校に入ったら、全くやりゃあしない!でも付属校だからこそ、高校での1年の留学ができたわけですが。

しかし大学付属校出身というのは就活で一番不利だそうな。でも女の子だから、まだ、お嬢様育ち、と思ってもらえるかもしれないから、男子よりましかも、と周りの慰めの声。


次は長男。もともと勉強が嫌いな子なので、付属校なんか入れたら、一生勉強しないままだ、と公立へ。ところがここでもやらず(´;ω;`)高校もサッカーで全国へ行ける高校、ということで私立、公立一校づつ受けて、どちらも受かったので当然公立へ。

もちろん高校へ行った目標は選手権で全国へ行くこと。なので3年生の冬までやろうと思ったら、指定校推薦を取るのがベスト。テスト前のちょろっと勉強だけでなぜか評定をとり、9月には内定。そして今に至るまで全く勉強せず。

このまま4月入学は恐ろしすぎます!でも言ってもしないので、ここはもう彼の人生だから、ということで、いくら思っても無駄です。そして指定校推薦は、就活で、付属校の次に不利、とのこと(´;ω;`)

次は次男。小さい頃から自立している子でした。香港で近所に友達がいなくて、上の二人が通っていた塾が兄妹3人目は70%オフだったので、学童感覚で行かせていました。その流れで、とりあえず日本でもいれてみました。

そのうち、塾の洗脳?にあい、「中学受験ということをしてみたい」と。もともとチャレンジャーなこですから。
そして全く一人で勉強して合格。ところが中学の途中から「アメリカの大学に進学したい」と言い出し・・・
これはまた帰国子女その後3でかきますね。

ところがこの前まさかの話を!
なんと、就活で、中高一貫校は、指定校推薦についで、不利なのだとか(゚o゚;

我が子達は三重苦???

大学までの道、本当、いろいろあります。
とりあえず今のとこ、一般入試を経験していません。

あるとすれば末っ子のときでしょうか・・・
[PR]
by 2012lib | 2013-02-12 21:48