子供4人、単身赴任、専業主婦から英語講師に転身したライフ&メソッド、英語勉強法、海外トピックなど綴っていきます!

by 2012lib

自宅学習とスクールの使い分け

普段、あまり考えたことはありませんでしたが、ちょうど生徒さんの中に、仕事の都合で今までのペースでスクールに通うのが難しい、という方がいらっしゃり、学習方法のアドバイスをする機会がありました。

4技能を伸ばすことを考えると、取り組む内容によって学習方法も変わってきます。

まず、語彙。これはひたすら、覚えるしかないですよね。結構嫌な作業です。しかし繰り返せば覚えられますし、どの技能を伸ばすにも絶対必要。「語彙に始まり、語彙に終わる」と言われる語学学習ですから。
これは通勤通学途中、家事の合間にもできます。

次にreading.
toeicやtoefl,英検上位級などになると、どうしてもスピードが求められます。しかし、英文を読むという作業をしないとどうしてもスピードは落ちます。訳さえあれば、自宅学習で毎日継続の方が効果あります。
今のようにネット上でものすごい量の英文にいつでもアクセスできる時代では題材には事欠かないでしょう。
ときには自分でタイマーでWPM(一分間に読める単語数)を測れば、自分のreading能力を図ることもできますね。

listening
これもできるだけ毎日聴く。週1回、スクールでlisteningでは上達はのぞめません。よく流し聞きを謳った教材もありますが、あれはあまり・・・なぜなら何度聞いても、聞こえないところはいつもでも聞こえてきません。
2回聞いて分からなければ潔くスクリプトをみて、聞き取れなかった原因究明です。電車の中でも、できるだけスクリプトはすぐ見れる状態にしておいて、都度確認です。こちらもネットを使えば、海外ニュースなどいつでもきけますね。
いちいちテープを巻戻して聞いていたまどろっこしい過去が嘘のようです。

speaking
こちらは相手がいたほうがいいですよね。スクールを利用したいパートです。その場でおかしな表現は直してもらえます。そして自宅学習で覚えた単語や表現を実際に会話でつかってみる絶好のチャンスです。一度、実際に使ったものは確実に定着していきます。

writing
もちろんエッセイを書いて模範解答とてらしあわせることはできますが、自分と全く違うアイディアであれば、くらべられないですし、細かい文法的な間違いは自分ではなおせないこともあると思います。
こちらも自分の文章を添削してもらえるという点でスクール利用がいいでしょう。


自分の生活スタイルの変化にあわせて、自宅学習、スクールをうまく使い分け、しかし、一番大事なのは、途切れず続けることです、語学学習は。あまりに自分に負荷を与えすぎては続かないですし、時々しかやらないのも効果なし。自分の一番いいペーすを知っているのは自分です。

すべて独学で、というのでは限界もありますし、モチベーション維持も難しいでしょう。すべてスクールで、というのでは金銭的な面で大変ですよね。

どんな教材を使ったら、どんな方法でやったら~そんなことを私たちに聞いてくださいね。
王道はありません。(*^^)v
[PR]
by 2012lib | 2013-03-11 15:28