子供4人、単身赴任、専業主婦から英語講師に転身したライフ&メソッド、英語勉強法、海外トピックなど綴っていきます!

by 2012lib

新生活の始まり

今東京です。長男の大学の入学式に昨日いって来ました。

キリスト教の学校なので賛美歌を歌ったり厳かでした。仏教系で式や一日の始まりにお経を唱える次男の学校とは打って変わって新鮮でした。

卒業生の歌から引用して"only one の人に"との話しもありました。

これからいろんな経験、出会いを通してたいへんな思いもいっぱいするでしょう。でもそんな時はこう考えて欲しいと思いますし、私自身いつもそう考えてきました。

人生に成功はあっても失敗はないと。
一見失敗にみえることでも、それを失敗に終わらせるか次へのステップ、教訓として活かすかはその人次第で、その積み重ねが結果として大きな違いをもたらすのです。
一見最悪なことと思えることがあったときこそが、実はその次にとっても大きなチャンスが待っていたりします。その困難と見えることに心が折れて次に進もうとしなかったらそのチャンスは巡ってこないのです。

希望に満ち溢れている大学1年生たちに、是非そういうたくましさを持って、世界の人々のために役立つ仕事をする人間になって欲しいな、と感じた日でした。世界の、って決して大げさではないと思います。もう国境がない世の中になってきてますよね。

だからこそ英語は必須なんです、

さて我が息子は、推薦で早くに決まっていて、ラインなどで既に知り合いがたくさんいて、昨日もさらに友達ができたようで、順調な滑り出しのようです。

私の好きな言葉を皆さんへも贈ります。有名なマラソンランナーの言葉だったかと。"人生に限界はない。あるとすればその人が努力をやめた時だ"
[PR]
by 2012lib | 2013-04-02 07:04