子供4人、単身赴任、専業主婦から英語講師に転身したライフ&メソッド、英語勉強法、海外トピックなど綴っていきます!

by 2012lib

エネルギーチャージ&部活動

全く関連のないタイトルですが・・・

先週末、本田健氏の講演会(年数回しかない)が実家のある岡山であるというので帰省して参加してきました。
彼はベストセラー作家ですが、やはり、本人から聞くのは、本を読むのと全く違ったインパクトがありましたしこれから世の中全体がどうなっていくのか、経済的なこと、いろいろな価値観の崩壊なども含めて、今一度これからの子育ての方向性まで考え直さなければ、と思ったとてもよい時間を過ごせました。

そこへ一緒に参加したのは中学以来の友人。高校からは全く別で、彼女はずっと岡山、私は大学から外へ出てあちこち転居、職業も、子供の数も全然違い、共通点はないのですが、ずっとつながっています。
唯一の共通点は、二人共体育会で主将をして、女を捨てて、汗まみれの大学4年間を送っていたというとこです。

部活動もそうでうすが、それを通してしか得られない貴重な体験がたくさんあります。一生の友人もそうですが、試合に出してもらえない悔しい思い、勝った時の喜び、努力しても努力しても結果が見えない不安、絶望、上級生・監督から怒鳴られまくる、ときとして理不尽な思い(私は人の分まで怒られるタイプでしたから、自分は非はなくとも、怒られると泣いてしまうほかの部員の分間で怒られていましたから)、そりゃあ、帰宅部では到底できない体験をいっぱいします。これが宝です!

そういういろいろな思いを乗り越えたというのは何よりも強い自信になります。その自信はその後の人生の様々局面で自分に前に進む力を与えてくれます。

部活動と勉強の両立、悩む必要ないです!時間がない方が集中しますし、やりたいことをやれている充実感が勉強への意欲も後押ししてくれます。

集中して、細切れな、通学時間などを利用したらいいのです。

いざという時に、踏ん張れるちから、これが何より大事です、人生においては。

友人と私は、全く仕事のジャンルも違いますが、彼女は自分の夢の実現に向けて、それが段々に現実化してきています。そういう友人の姿に、私も力をもらいます。

学生さんたちには、今しかできないことを最優先してほしいなあ、と思います。大人になってやりたくてもできないこと、たくさんあります。

やりたいと思ったことは、とにかく「できるかな、どうかな」などと悩まずに、飛び込んでやってみることです。
そうすると、周りの環境はそれについてきてくれるものですよ。

というわけで、しっかりエネルギーチャージをした私です。最近、そればっかり??
研鑽を積まねば。
[PR]
by 2012lib | 2013-04-16 16:28