子供4人、単身赴任、専業主婦から英語講師に転身したライフ&メソッド、英語勉強法、海外トピックなど綴っていきます!

by 2012lib

最期の・・・・

人生最期のとき、みなさんはどうありたいですか?

そんなこと考えたこともない!というのが普通でしょう。

私はこの1週間、実家に帰省して祖母の大往生を見届けました。
95歳でした。

祖母の顔を見ていると、そして、変な話ですが
お骨を拾っていると、いろいろな思いが頭をよぎりました。

ここ数年、人の死に向き合うことが何度がありました。

最期のあり方は、いろいろです。
そして、人によって全く違う最期のときをみて、
自分はこんなふうな最期でありたい、と考えたりしました。

祖母からみれば、私なんてまだ人生折り返し地点!
もう、○歳だから、ではなく、まだ○歳だから、と考えて
やりたいことにはどんどん挑戦していかないと、
と思いました。
失うものは何もないですから。

そしていつまでも健康で、自分の好きなことを体力の
続く限り、やっていきたいな、と思います。

そのためには、日頃から体力をつけ
そして勉強を絶えずしていかないと、です。

大学までは、散々体育会で鍛えていました。
朝練を7時ぐらいからしてお昼から暗くなるまで練習をして
そのあと腹筋100回、背筋100回、腕たせ伏せ100回、
そしてものすごい坂道の5キロのランニング、
鉄のローラーを引いてのコート整備、さらにそのあとも
残って自主練習と、、
男子と同じメニュー、いえ男子以上のメニュー
をこなしていました。


そのころからすると、今は何もしていなくて・・・・
その頃の貯金があるので体力はあるのですが、
これからは意識し体力作りを継続していかないとなあ、
と改めて思いました。

今の時間が延々と続く錯覚に囚われますが
人生は限りあるのです。
それをどのように過ごし、どのように終えるのかは
全て自分に委ねられています。

まだ人生半分!
充実した人生であるように、一日一日
大事に、そして少しづつでも進歩していける
自分で有りたいと思いました。

ハーフマラソンにも出ている主人に
一緒に走ろう、とずっと言われています。
ですが、中学から大学まで体育会で鍛えて
いやというほど走らされてきた私は
「一生分走ったからいや!」
と拒否してきましたが、ランニングが一番
手軽で続けやすいでしょうねえ・・・・

でも今ブームであるだけに、なんだか
今はじめるとミーハーみたいでいやなのですが(;_;)

ただ悲しいかな、体育会のサガで
やるとなると、すぐに本気になってしまうので
マイペースというのが無理なんですよねえ~

なにを初めて続けるか、真剣に
考えようと思います。
[PR]
by 2012lib | 2013-05-25 21:06