子供4人、単身赴任、専業主婦から英語講師に転身したライフ&メソッド、英語勉強法、海外トピックなど綴っていきます!

by 2012lib

TOEIC SWテスト

ご存知ですか?もしくは受験されたかはいますか?

通常のTOEICがlisteningとreading を測るのに対して
こちらは文字通りに
S-speaking, W= writingをはかります。
各パート200点満点でspeakingは20分、writingは60分。

ヘッドセットを付けて会場のパソコンで受験します。
speakingでは音声を吹き込み、writingでは文章をタイプして解答します。
パソコンで受験するTOEFL iBTと同じようなイメージです。

通常のTOEICでは、高得点でも話せない人がいる、など
もっと具体的な運用能力を測る、というのを目的に
最近では企業がだんだんに社員に受験をさせています。

ですので私の教えているTOEIC専門スクールの
東京校は、SW対策の受講生が急増のようです、
大阪にはまだその波は来てないようですが。


TOEICとSWを併用する意義は?
「聞き取れる英語しか話すことができない」つまり
話す力をつけるためにはまず聞く力をつけなければなりません。
「読める英語しか書く事ができない」つまり
書く力をつけるためにはまず読む力をつけなければなりません。



TOEIC高得点者は、英語が「できる人」、
SW高得点者は、仕事で英語が「使える人」
という評価が定着していくことになりそうです。

日々speaking,writingを伸ばす勉強をしていれば、
本番前に少し問題傾向をみてから受ければ良さそうです。
逆に、いくら問題傾向をしっかり研究しても、speaking,
writing能力をつけていないと太刀打ちできない、でしょう。

問題の傾向を捉えて、それに対する解法を使えば
スコアがすこしでも上がるTOEIC
とはその点において違います。

ただまだまだ受験者は少ないです。
なぜなら受験料が高すぎる!約1万円!
パソコン相手で、時間もTOEICより短いのに・・・

実は先日長女に初受験させました。
TOEICは900点台をとっていますが、
より運用能力をアピールして、他者との違いを出すのは
SWを受けたほうがいい!企業からの注目度もましているから!
と勧めたのです。

彼女の場合、SWの方がスコアが出やすいかも、と思っています。
しかし、問題集をせっかく買ったのに、
ぱらぱらと直前に見ていたぐらいで、熱意もなくうけにいったので
結果は???
京都で受験しましたが、10人ぐらいしかいなかった、と。
毎回全国で400人ぐらいの受験のようですから、そんなものかもしれません。

TOEICは飽きた、という方、SWで実践的能力を
ためされてみたはいかがですか?
[PR]
by 2012lib | 2013-06-11 05:48