子供4人、単身赴任、専業主婦から英語講師に転身したライフ&メソッド、英語勉強法、海外トピックなど綴っていきます!

by 2012lib

カテゴリ:未分類( 121 )

呼吸を合わせる

ブログタイトルをお助け隊からTerakoyaに変えてみました!

昨日はドイツ演奏旅行のリハーサルでした。

一人ずつ、ドイツの音楽学校の生徒と共演する曲を弾きました。
共演楽器はバイオリン、ビオラ、チェロ、ファゴット、フルート、クラリネット、
打楽器などさまざま。

次男はビオラと共演です。
しかし、与えられた楽曲が、うちのピアノの先生も知らない、
cdも出ていないのでyoutubeなどで
音源をさがしたけれどもなし。
なので一緒に演奏した時にイメージが全くわかない状態。

やはり、会長さんや、引率の先生方もご存知なく、
あまり具体的なアドバイスは難しい状態でした。

あちらでは毎日レッスンはありますが、共演者と合わせる練習は
相手のレッスンの都合もあるので毎日ではなく
最低だと2回ほどとのこと。

とにかくあちらにいってそのこと合わせるしかないのです。

フルートやクラリネットのような楽器は、相手が呼吸をする間も
考えて、ということでした。
なるほど~
そうでなくても、やはり、相手との呼吸を合わせて演奏することが必要ですね。
相手の音を聴きながら。

これって、人間同士のコミュニュケーションの基礎でもありますよね。
それを楽器を通してやる。

なんだかいいですよね。
言葉は通じなくても、楽器を通して呼吸を合わせることができる、
という貴重な体験になりそうです。

わが子ながら羨ましい~!でもこれは頑張った結果ですからね。
日常の中で、相手との呼吸をあわせるということを意識してみませんか?
そこからハーモニーが、きっと生まれますよ!

さて、英検の解答速報、今日の13時頃ネットで発表です。
生徒様たち、どうだったのかなあ。。。
非常に気になります。

きのうのピアノの生徒さんの中にも、英検を受けてから
リハーサルに参加された方が何人かいました。

何事にも熱心で感心します。

P.S.
きのう、「いいね」を教えてくださった方ありがとうございます!
初めてだったのでとってもうれしかったです!
[PR]
by 2012lib | 2013-06-10 07:41

前向きであること

以前しばらく授業を担当させていただいて、
ここ数ヶ月は違うコースを取られていた生徒様を
またうけもたせていただくことになりました。

もちろん、お教えするコースは違うものですが。

会社を経営され、世界をあちことお忙しく
飛び回っていらっしゃいます。
「今日午前中に、関空についたばっかりなんですよ」
などとお忙しい中をぬって受講されています。

人間できないことについつい言い訳を探します。
特に人一倍忙しいと簡単に理由は見つかります。

でもこの方は
「忙しいのはいいわけにはならないですよ。
時間なんて取ろうと思ったら、見つけられますから。」
と言われます。

前も、帰国の機内で課題をやりながら、そのまま
受講されていたこともありました。

お話していても、前向き。
今の円高でお仕事は大変のようですが、
その前の円安の時は良かったわけなので
いい時も悪い時もある、そんなことでいちいち
ふりまわされていてもしかたない、とおっしゃいます。

本当にその通りです。
聞いていて、実にさわやかです!

前向きな方は、相手まで知らず知らずのうちに
前向きにする力をお持ちです。

考え方が素晴らしいこの方に言われて
とても感動した言葉があります。

子供が4人いて、という話をしたときに
「いいですねえ、もう、なんもいらないですねえ。」
と。

一瞬、自分の中に、予期した答えと違ったからか
空白がありました。
通常は「わあ、大変ですねえ」とか「でも将来たのしみですねえ」
という感じなのですが、
「なんもいらないですねえ」という言葉は、
あとからあとからじわじわと、すごく幸福感を感じさせてくれました。

自分ですら見失いそうなことです。
日々の忙しさに追われ、大変なことに目がいくと、
そう感じることすらなかなか難しいです。

でもその一言に、
私はしばらく改めて自分が本当に
恵まれているんだあ、と暖かさで包まれた気がしました。

言葉って、本当に大事ですね。
一言で、人をこんなに幸福感に満たすことも、
はたまた奈落の底に突き落とすこともできるのですから。

良い波動を持つ言葉だけを使っていきたいなあ、
と、その生徒様と久々にお話をして
感じました。

さあ、今日は豊中まで、次男のドイツ演奏旅行の
リハーサル&説明会に行ってきます(ーー;)

P.S. 今日は英検です。生徒様が何人か受験します。
Do your best!
火曜日頃には回答が英検サイトで発表ですね。
[PR]
by 2012lib | 2013-06-09 06:37

朝型vs夜型

みんさんはどちらですか?

私は圧倒的な朝型。

中学生のころからずっと運動部でした。
厳しい練習から帰宅して、机に向かってもあっという間に
睡魔が襲ってきて、全く勉強にならないので
さっさと寝て、朝早く起きて勉強していました。

そして専業主婦時代。
4人の子供の子育てにおわれていましたので、
日中は一切自分の時間が無いに等しい。
社会復帰のための資格取得や、勉強を
ずっと続けていましたので
やはりこれもみんなが寝静まっている早朝におきて
、そうですね、3時や4時に起きて
お弁当作りの開始まで勉強していました。

ですから夜9時になると、体は起きているのに、頭の中は
停止状態。何もする気にならず、
朝起きるなり、一気にやる!という典型的な朝型が
染み付いています。

ところが、最近、超朝型の私にはとても厳しい状況です。

週3回は、ちびの塾のお迎えがあります。
そしてちびは、しょっちゅう再テストなので、授業終了から
さらに残るのでお迎え時間が40分ほど延びるのです。
家から歩いて3分で行けるところでも
夜9時を過ぎて迎えにいくのは本当にきつい。
(遠方から車で送迎にされている方が聞いたら
おこられそうですが)
さらに、塾に合わせて、曜日時間変更になったちびのピアノ。
終わると、夜10時前。当然、レッスン中は、私はsleep!
車ですし、この日が一番きつい!

さらに、週4回は、夕方からレッスンで、終了が7時半すぎ。
もちろん、夕食はあらかた作ってからでるのですが
そこから夕食となると、当然遅くなります。

今は就寝が遅くなったのと、年による体力減少?のため、
5時に起きているのですが(仕事準備などあると4時代ですが)
睡眠時間が足りる足りないという問題ではないのです。

体の状態がやはり上手く順応していない、という感じが
ぴったりです。体が「私は朝型なのよ!」と叫んでいるというか。。。

だから仕事・家事効率が落ちているような感じがします。

とはいっても、主人の単身赴任歴ももうすぐ6年。代わりの人がいないので
自分が動くしかないですからねえ~

でもこの年になって、生活スタイルを変えざるおえないのは
やはり大変です。

なにかいい調整方法がないのか、考えている今日このごろです。

こんなに母はしんどいのに、ちびはちっとも反省の色が見られず
再テストが続きます008.gif
ある意味、この腹の座った感のあるちびが、どう成長するのかが
一番恐ろしい?気がします(ーー;)
[PR]
by 2012lib | 2013-06-08 06:41

過酷な就活

就活で、何社も断られて、何年も働いてない人、引きこもった人、
そして、そんな我が子を見て、自分の子育てを攻める親、両者の
インタビューを見ました。

長女が、そろそろ動き始めているので
どうしてもそう言う番組は気になり見てしまいます。

エントリーシートとはよく耳にしますが、企業のフォームに
のっとって、手書きで、写真などもはり、記入していくもので
1日で簡単に書けるようなものではないようです。
それを何十社もかいて落ちて、働く意欲を失ってしまった人。

一方、親から「大企業へはいれ!」「そのためにTOEIC850をとれ!
(おお、TOEIC!と過敏に反応)といわれ、追い詰められてしまった人、
そして「こんなに沢山回っても採用してもらえない、社会から
受け入れてもらえないような子どもを育ててしまった、
私の子育てに問題があったのか」と自分を攻める親。

何かが違います、おかしいです!

企業に自分たち親子を評価されるなんて!違います!

そんな苦しい時に、一番信じられるのは自分でなきゃいけないですし、
それさえ揺らぎそうな苦しいとき、それを支えるのが
家族じゃないですか!

何がベストなんてないし、その人によってベストは様々。
いや、同じ個人でも、時期によって、ベストなものは変化します。

思うように行かなくても、とにかく前に進む、
そこで逃げるのは簡単かもしれない、でもそれを一度やると、
同じパターンで、同じことが起こってきます。


苦しいけど、進む、心が折れそうになったら、それを
ささえるのに家族がいるのです。

聞かれればアドバイスはするけど、
最終的に本人が決める。そしてその結果はまるごと受け入れていく。

娘も夏のインターンシップのための書類を用意しています。
企業によって必要とされる書類はいろいろのようですが、
いくつかのテーマの中から選んで、
英文、日本文両方のエッセイが必要、とか本当に
時間がかかるようです。

さらに、履歴書に書けるように、
これからいくつかの資格試験も受けるようで、そのための
勉強もしなくてはいけないです。

ここからスタートして、日系企業で最終内定がではじめるのが早くて4月ぐらい
らしいですから、本当に長丁場です。

がんばれ!と言わなくてもちゃんと頑張るでしょう。
けど、どんな大変なことがあっても、
大丈夫、家族は、まるごとあなたを受け入れて
支えていくからね。
[PR]
by 2012lib | 2013-06-07 01:13

TOEIC Part3&4

6月のTOEICまであと2週間あまり。
いつも勉強をしよう、と思いつつ、忙しさにかまけて
やらないまま迎えてしまします。
ただ普段教えているので、TOEIC色には染まって?いるのですが。

日常しているのは、毎朝、ネットでCBS newsを見ること、
記事を読むことでしょうか。
ちびのピアノレッスンの待ち時間に、少しでも、と思うのですが
何度も何度も同じ部分を徹底的に繰り返しひかされる
レッスンを聞いていると、
条件反射のように眠りに落ちることが008.gifできます

Part3&4が苦手!とおっしゃる生徒様が圧倒的に多いです。
3は会話、4はシングルパーソンがひたすらしゃべります。

しかし対策は基本的には一緒。
問題を先読みして、音声を聞いてから、
質問が読まれる部分では、質問を聞かずに(問題用紙にかいてありますから)
一気に回答して、次の問題を先読み、を30分繰り返します。

トピックはよくにたものが毎回出ます。
例えばオフィスでよく物が壊れます。
それが前回は、パソコンだったけど、今回はFAX、という具合で
そして必ず解決の方向に向かいます。
「どうしよう?」「私しらない!」なんてことにはならず
「修理屋をもうよんだわ」みたいな。

ですので公式問題集で、問題が体にしみこむまで
音読をします。できれば一つの問題につき20回は
CDに合わせて音読してください。

そうすると、本番で、「あ、なんか聞いたことのある感じの
会話!」と思えると、回答のしやすさがまします。


そしてスクリプトが頭に入るまで音読したら
次はシャドーイング。
聞こえてくる音声をキャッチしながら、少し遅れて
音声について発話していきます。
耳と口を同時に使うので、
すごく集中力もいりますが、その分、効果もあり!

さらに、それもできるようになったら速聴(2倍速)
などをきいて、頭の中の情報処理能力を
高めていく。

講座で速聴も取り入れながらやっています。
私もこのところ、電車の中では速聴をしています。

目標スコアに向かって頑張りましょうね!
[PR]
by 2012lib | 2013-06-06 06:06

やりましたね!

日本代表、ワールドカップ出場決定!

やはり本田圭佑!これほど勝負強い人、すごいです!

きのうの桑田選手とおなじですね。
あれだけの最高潮の緊張のなかで、決めるべきものを
それもど真ん中で決める気迫と精神力!

迷いがありません!思いが強いので、そして自分を信じているので
はずすという考えは彼の中にないのが
見ていても伝わってきます。

自分を信じられるだけのことを普段からやっている。

勝負の世界で、もちろん、才能も大切ですが、
最後は精神力です。

私も、テニスをやっていて5-0まで楽勝でとっていたのに、
ふとしたことをきっかけにどんどんまくられて
まさかの負けをきす、なんてこと、よくありました。

それに似たのか我が長男も、才能は非常に高かった
ようですが(指導者の方たちからもよくいわれていました)
何分、メンタルが弱くて、そこをいつもたたかれていましたね。

昨日の試合後の渋谷のスクランブル交差点は
ものすごい人でしたね。

それをみながら
「行ってるんちゃう?」と長女と話しつつ、
長男にメール。
「行こうとおもったけど、人が多いのは嫌だからやめた。
いったやつら、今、みんなはぐれてる、って。」と返信。

時が経ち、
仕事や、子育てを経験し、メンタル的に随分強くなりました。
強くならないとやっていけなかったというか。

本当は今日はTOEICについて書こうと思ったのですが
昨日の本田選手をみて
「やっぱりすごい!」
と思ったので今日はこの話題でした。

でも人に感動を与えられるって、素晴らしいですよね。003.gif
[PR]
by 2012lib | 2013-06-05 05:53

一流の人

東大野球部の監督に就任した桑田選手が話していました。

やはり一流の方の言葉は素晴らしい!

普段の練習で小さな成功体験を積む。そしてマウンドに出たら
自分を信じていなければ、とてもじゃない、いいプレーはできない。
一番自分を信じてやらなければいけないのは、自分。
自分を信じれるように、普段から、どれだけ集中した、そして
自分で考えながらの練習ができるかが大事、と。

そしてやりすぎもいけない、短期集中する。
体が疲れている状態でいくら練習を続けても、7,8割のちからしか出ない、
それで練習を続けると、脳がその程度の動きを記憶してしまい、
よいパフォーマンスができなくなるという、悪循環だ、とも。

そして語るときに、そして選手を指導している時に、
偉ぶることなど微塵もなく、本当に誠実で、聴く人を惹きつけるのです。

そんな桑田選手のインタビューをみていると、二人のドクターを思い出しました。
ひとりのドクターに、長男が大怪我をして長いリハビリをしていたとき、
当初ドクターがいわれたのより
予後が悪く、そして診察のやりとりでも納得できないことが多々あったので
、少しでも、いい状態に戻してやりたいので勇気を振り絞って、
スポーツの足専門医のセカンドオピオンがききたい、と
丁寧にはなしました。

そのときいきなりドクターは激怒!紹介状もかかない、
データーもあっちで
また勝手にとればいいだろう、とすごい剣幕で、もっているペンを投げました。
唖然・・・
結局副医院長がかわりに書いてくれて、そうです、そのドクターは最後まで
書かなかったのです、2週間ほどやりとりをして、やっと転院できました。

一方、その専門医、オリンピック選手やプロサッカー選手がかかっているような
ドクターですが、やはり、おごったところは微塵もなく、
本まで出してきて下さり、丁寧に、今の足の状態を素人にわかるように説明してくださり、
診察ももちろん、今後のことも、納得いくまで話をしてくださり、
ケガから4ヶ月経ったその診察で初めて、
足首の完全脱臼で(90度足首が外にむいていましたから,
そして骨折も、さらに靭帯も何本も切れていました、当然のことながら)
骨の中の血流も一度全部断絶しているから、
血流が戻らず(つまり骨が壊死)、ずっと装具で、50歳ぐらいには
義足になっていたおそれもあったことを知らされて
、気を失いそうになりました。

本当に一流の人には共通したものがありますね。
技術はもちろん、つまり才能でしょうか。

そして人格者であること。

そうやって周りに安心を与え、信頼を得られる人には、その言葉を
裏付けするそれぞれの道で積み重ねてきたものがあるからこそ、
人を惹きつけ、感動をあたえられるのですよね。

そんな方々の話をしたあとではおこがましいのですが、
そんな人に少しでも近づけるように、日々を過ごしたいと思います。

そうそう、そのドクターの診察日、息子がサッカーを好きになったきっかけの
2000年のワールドカップで大活躍したI選手がくると、教えてくださり、
一緒に写真をとって、サインももらい、握手まで(私まで!)してもらいました!
[PR]
by 2012lib | 2013-06-04 06:09

成長

子供の成長って、ふとした時に感じますよね。

ごく赤ちゃんの時は、笑った、寝返った。。。などなど。

でも大きくなってくると、なかなか成長を感じる、
具体的な目安のようものはありません。

末っ子は5年。最近、身長が伸びたなあ、とは思っていました。

ピアノのコンクールでは、ペダルを使う場合は、
自分で会場まで持参しなければなりません。
それが大変なんです。
足台とペダル一体型はほかの生徒さんから譲り受けたのですが、
大阪の道はさっぱりわからないので、車でいけないんです、私。
だから池田であるときは、豊中の友人宅に宅急便で
事前に送って当日会場にもってきてもらうというのを
2回続けました。
それは大変なので、携帯型のコンパクトなセット買ったけど
たしか3万円ぐらいで高額でした(;_;)
でもこれにしたって、スーツケースにいれてコロコロと運ぶのですが
結構大変です。乗り換え、乗り換えでいくので。

コンクールの時だけ、そのセットを使います。
背が伸びて、一体型ではあわなくなって、3月以来、
携帯型を久しぶりに出したのですが、合わないのです!
ぺだるの高さをネジで調整しないと、足の収まりが悪い!
たった2ヶ月のあいだにも、大きくなっているんだ、と。

あと一ヶ月でまたコンクールです。仕上がりが間に合いそうに
ありません。
でもおそらく、今回が、ペダルを必要とする最後かな、と思います。
ですので、頑張って携帯するので、もっと
練習してくれ~!ちび!
末っ子は、やはり要領がよく、親はやられっぱなしです(;_;)

長女は成人式を迎え、長男は大学で家を出ていき、というように
何かの事象で成長を感じますが、
したのふたりは、こういう些細なことで
改めて成長を感じます。

子供は日々、心もカラダも成長しています。
では、自分は成長しているのか?

体は成長しませんが、逆に体力を維持する努力を
していかないとけないです。
心は、一生成長できます。
まず、自分が「やろう」と思ったことは
続けること、そこから成長に向かうのだと思っています。
[PR]
by 2012lib | 2013-06-03 05:19

英検まであと1週間!

6月9日の英検まで1週間となりました。

何人かの生徒様が受験します。

ひとそれぞれ得手不得手がありますし、
配点の大小もあります。

2級では配点を考えて、というのはないのですが
準1級になると、それは非常に重要です。

なかでも配点14点と大きいのが英作文。
でもこれは内容は日本の文化、風習、常識などのような
ことが多いので、何度も書いて自分の雛形を作り、
便利な表現を覚えておけば書けるようになります。

私の生徒様たちも昨日添削しましたが、
よく書けるようになっています!
質問への答えプラスそのサポート部分、というのが
きっちりおさえることができるようになってきました。
very good!

あとは配点の高いところに時間を割けるようように、
そして逆に考えても知らなかったらとけいないところ、つまり
語彙部分ですが、(TOEICであれば
Part5)そこへは必要以上に時間をかけないなど
考えて、回答の順番を考えて
時間をちゃんと測って、あと1回分の過去問をといてきてもらいます。

語彙は最後の瞬間まで伸ばせます!ということで
語彙学習も頑張ってもらっています。

私はあくまでも、ナビゲーター、問題解説して理解を深めて
疑問を解消する役目です。
日々の学習をどれだけ自分を追い込んでするかは、
その人自身にかかっています。
もちろん、いっぱい励ましていますが!

受験される方、あと1週間、自分を追い込んで、やることをやったら
当日はリラックスして受験しましょう!
[PR]
by 2012lib | 2013-06-02 05:24

コツコツと

「結果は行動が作る」

そうですよね。だから、いまのままで良い、と思っていないのであれば
行動をかえなければなりません。

でも習慣を変えるのは難しいですよね。
そこに「三日坊主」という言葉が登場するわけです。

でも行動を変えて習慣を変えていけば
結果も変わる。

だから日々コツコツと意識を変えていく必要があります。
これは先日のセミナーで言われていました。

そしてそのためには~のようなことをしていく、
と言われた中に、
いっぱいやりかけで止まっていることがあり、反省!

いいことと知って、習慣になっていたのに、最近やってない、
とか、いいものと知って、やりかけたのに、
なんだかいそがしくなってそのままやりかけで放置してある、とか。
高かったのに(;_;)
なんとお宝を眠らせていたことか。。。

そこで言われたことは全部自分がしていること、していたこと、
やりかけていたこと、でした。

初心にかえり、それらを習慣にする!と決心しました。

英語学習でもそうですね。
コツコツ毎日単語を覚える、毎日音声を聞く、
時間があるときは長文を読む、全部短時間で継続できることです。

それをやるかやらないか、あなたの決意の強さが
現れています。

昔英検1級を独学で取りにいったときは、そりゃあ、やりましたね。
とくに2次面接対策なんて、胃がやられるまでやりました。
決意があったんです、あのときは。
一回でパスする!という。

なにか目標としていることがあれば
「それを成し遂げる!」と
まず自分にコミットしましょう!

さあ、今日もやりましょう!
明日から、という選択は、決意をしていることには
なりません。

これは自分にも言い聞かせています。
[PR]
by 2012lib | 2013-06-01 07:18