子供4人、単身赴任、専業主婦から英語講師に転身したライフ&メソッド、英語勉強法、海外トピックなど綴っていきます!

by 2012lib

<   2013年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

アメリカから訪日

10年前ぐらいから自然に自分の人生サークルに
入っているのが、アメリカに2 3年に一度は訪れること。
ちょっと贅沢な気もするのですが、新しい情報ゲットや
本などの購入が主な目的です。
私にはフロリダ州とバーモント州に仲の良い友人がいて、
今年フロリダに行ったら数年後はバーモントというように
訪れています。

バーモントはいつも60歳過ぎの友人の家に
泊めてもらっています。

その彼女は数年前に夫を病気で亡くしました。
私もよく知っていた人だっただけにとても
ショックでした。彼女はもっともっと
辛い日々を過ごていたのだと思います。

そんな彼女が人生の一大決心で3月末に日本にやって来ます。
私は、自分が与えられたすべての時間を彼女に費やしたいと思っています。

それ以外にもうひとつ。
キッズクラスにゲストとして招きたいと考えています。

子供たちの反応が今から楽しみです♪
[PR]
by 2012lib | 2013-03-09 18:22

卒業式

きのう、長男の高校の卒業式でした。

サッカーに明け暮れた、でも大怪我をして3度もオペをして、未だに足の親指が下におりないという後遺症を抱えている、そんな大変な辛く苦しい経験もした、思いでてんこ盛りの3年間。
親子でいっぱい苦しんで悩んで、そして笑った3年間でした。

サッカーを通して息子はもちろん、私もかけがえのない友人をたくさん得ました。サッカー部のママ達は特別です。(^O

式後、クラスで、前に出て、仲間へ、先生へ、親へとメッセージを一人づついったのですが、最初の男の子が、泣きながら。。もうそこからずっと(;_;)(;_;)・・・でもみんなのメッセージを聞いていると、本当に、子供達にとって、自由で楽しい、心の拠り所となるような学校だったんだなあ、と思いました。

クラブ活動で全国を目指すような子が入っていくる学校ですが、みんな勉強もできます。学校は、親から見るともう少し、と思うぐらい、ゆるくて、宿題の少なさでも有名?

でも何かに打ち込める子達だからやるときにはやるのです。みんな受験を乗り越えて、これからそれぞれの道へと進みます。頑張れ!どんなことでも、乗り越えられない壁はないからね!

さて、肝心の我が息子のメッセージは、体はどでかいのに声は小さくて、聞こえませんでした(´;ω;`)

でも、サッカーの最後の試合の翌日に、「今までありがとうございました」と言ってくれた、あの言葉が
私の宝物なので、昨日の声の小ささは許します(^O^)

ああ、本当にもうこのグランドでみんなとボールけることもないんだなあ、と寂しい母でした。特に、彼はあと3週間もすると東京に行ってしまうので、ほとんどの子が関西に残るのとは対照的に、本当に巣立ちの時です。

親として出来ることは全部してきたつもりです。今度は自分の足で、自分の言動にはすべて自分で責任をもって、前に前に歩いていく、いい男になってよ!

なんともなんとも切ない気持ちもですが私にとっても大きな節目。
また新しいステージで、頑張るぞ!
[PR]
by 2012lib | 2013-03-03 06:19

ネパールの人

我が家の近所にネパール出身の人が住んでいます。
旦那さまが日本人なので、ここ日本で暮らしています。

彼女は、外国で暮らすために一番必要なものは、言語だそうです。
私なら何だろう?って考えてみました。やっぱり言語でした。
皆さんは何ですか?

さて、ネパールでは、今も学校に行けない子供がたくさんいるそうです。
だから学べることに感謝しているのよ。と彼女が言いました。

カースト制が未だに根強く残っていて、貧富の差も激しいそうです。
でも幸せに暮らしている。
なぜならみんな人と比べないから。

いろんな国の話をその国の人から直接聞くって
良い体験だと思います。

そんな機会を皆さんにも作ることができたらな~
なんて思いながら毎日過ごしている今日この頃でした。
[PR]
by 2012lib | 2013-03-03 05:30