子供4人、単身赴任、専業主婦から英語講師に転身したライフ&メソッド、英語勉強法、海外トピックなど綴っていきます!

by 2012lib

<   2013年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

逆算で目標設定!

さて、試験を受けようと決めたら、予定を立てねばなりませんね。

これは逆算形式で行きます。

つまり6月9日の英検を受けようと思ったらあと7週です。
単語も逆算して1週間、そして一日単位ですすめるページを出します。
過去問を解くのは時間がかかるので週末をあてます。最低3回分はやってほしいので、そうすると
過去3回分を2回通りできます。
そしてリスニング用の問題集をするなら、それも同じように進むペースを出していきます。

私の生徒さんも3人、6月に準1級を受けられます。みなさん、社会人だったり、中学生だったり様々ですが、
ご自分の一日の予定、1週間の予定、1ヶ月の予定を考えて逆算して準備してください、とアドバイスしています。

予定を立てる際に、たいとすぎると融通が利かず、予定通りに進まずに挫折してしまうこともありがちなので
調整日なるものをいれて余裕を持たせるのがいいと思います。

それができたら次は1日の中で、時間の管理ですね。
頑張りましょう!
[PR]
by 2012lib | 2013-04-22 08:36

広告への補足

以前高校生向けの広告をアップしましたが、日時を書いていませんでしたので補足です。

金曜日に開講します。
部活ありの人、なしの人or 受講級によって
2部を考えています。
例えば17時半~19時、19時20分~20時50分、という感じです。

どちらに何級をするかは希望をお聞きして決定する予定です。
[PR]
by 2012lib | 2013-04-22 08:27

オフの過ごし方

今日は午後から、子供たちもでかけていないので久々の日曜日、オフです。

日曜日といえば去年までは、平日以上に忙しいのが常でした。

長男の高校のサッカー部では、試合係なるものの担当だったので、横断幕や、冷やすためのバケツやタオル、氷、などをA,Bチームに分けてもって行くなど、公式戦のたびにそれにおわれていました。

自分の仕事も、社会人の方にTOEICを教えるのはやはり週末の需要が高く、日曜日もというより、日曜日だから仕事、という感じでした。経験を積む段階では自分から仕事を選ぶのは贅沢ですから。

そのほか、子供が4人いればそれぞれの行事が何かしらあったりで、主人が単身赴任でいないのでひとりでこなすとなると、本当に忙しかった!
と過去形にはしきれないのですが。昨日も午前中、塾の保護者説明会のあとすぐに電車に乗って大阪まで行って1時から6時半まで授業でしたから。
そんなとき、本当、駅チカに住んでいて良かった、と実感します。

駅チカだから、仕事と子育て、一人で何とか両立出来てる部分も大きいと思います。

末っ子も5年生で、一人で遊びに行って帰ってきます。本当に楽になりました。

今は、平日は、ちょこちょこ仕事に出て夕方いないことも多く、土曜日は一日仕事だったりするので、日曜日はできるだけ仕事を入れないようにしています。
けど、せっかく時間をあけても子供はおおきくなると自分で遊びに行っちゃうんですよね~

ずっと忙しくて、コンクールのお祝いや進級祝いのケーキを焼いて~と言われていたのができなかったので
これから焼こうかなあ~
そして近所のデパートに行ってぶらぶらしてこようかなあ~

みなさんはどんな休日をすごされてますか?

P.S.実はケーキ作り大好きです!誕生日、お祝いごと、クリスマス、全部手作りです!デコレーションケーキ、チョコレートケーキ、ガトーショコラ、マーブルケーキ、チーズケーキ、などなどレパートリー広く。アイスケーキもつくっちゃう!そのうち、英語で手作りケーキ、なんてイベントもしたいねえ~、とchieと語っています。
[PR]
by 2012lib | 2013-04-21 13:25

各種英語試験

数ある英語試験の中で、最もポピュラーないくつかについて書きますね。

まず英検。
これは5級から1級まであります。
小さいお子さんが英語の力を初めて試すときから、少しづつ、上の級に挑戦、そうすることによって細切れな目標設定となって、モチベーション維持にいいですね。
また年3回あるのも魅力。
3級から2次試験=面接もありますが、これはもし落ちても、その回を含めて4回再受験(一次は受けずに)できます。
高校卒業時に2級がとれるといいですね。
ただ大学推薦入試に使うのには弱く、その場合は準1級が必要です。

私は、面接委員やっていますが、中高生が一生懸命に話そう、とする姿を心の中でいつも応援しながらやっています。

次に最近多くの高校で受験が浸透してきているGTEC.これはbasicとadvanceとありますが、リスニング、リーディング、ライティングをはかる、テストです。少々、アカデミック版TOEICの感もあります。
やはり最近、どんどん、大学推薦入試資格として、GTEC何点以上、というのも増えてきています。英検も準1級からはエッセイをかくのですが、2級まではありません。ですので、ライティングがあるこちらのほうが英検より、より力を測りやすいからかな、と思っています。

そしてなんといっても資格といえばこれが主流のTOEIC。
大学入試から就職、昇進、転職まで、もはやビジネス必携ですね。就職のエントリーシートにはこのスコアを書く欄もちゃんとあるぐらいです!
英検との大きな違いは、合否がない!そして受験者急増に伴い、年10回受験可能に!
そしてよりこまかな能力を測りやすい。
つまり、英検は準1級といっても、限りなく2級に近い人と、限りなく(それこそ1点差で)1級に近い人がいるわけです。でもTOEICは5点刻みで細かなスコアがでます。

合否がないから受験者側は心が折れることなく、受験を続けることができるし、スコアをみる大学や企業側はより細かい能力を知ることができる、と両者にメリットがあるわけです。


そして最後はTOEFL。こちらは何種か種類があり、例えば大学の英語のプレースメントテストに使われるものから、海外大学が留学に際して、要求してくるタイプのものもあります。
なかでもiBTは最も難しく、そこで満点をとるのは、TOEICの満点より難しいです。
小手先の勉強では通用しないです。4技能別にテストがあります。


いずれにしろ、こういうテストを受けていくことが、英語を勉強する上での一番の指針になります。
何を受けるかはその人のレベル、ニーズによって変わってきますし、勉強法も変わってきます。

まずは受けてみることからです。
あなたは何に挑戦しますか?
[PR]
by 2012lib | 2013-04-20 08:14

なぜ英語が必要なのか?

先日塾で単語テストをする時に
「国語と算数しか勉強してないし」という子が。当然できないです。
前から来ていてもやらなければとれません。逆に4月から大勢の新入生が加わってくれたのですが、
きっちりやって満点をとります。

目的をちゃんと話す必要があると感じ、きのう、別校舎で話をしました。

いまは みんな国語と算数は学校でやってるけど、英語はやってないから、あまり大事と思っていないと思うけど、これからみんなが大人になってもすごく大事なんだよ。

これから会社に入ってもどんどん外国の人が増えるし、逆に外国に行く機会も増える。そんな時に何語で話す?英語だよ。

そしてこれから中学、高校、大学と進むけど、今は、技術者や、お医者さんのような、算数ができてればいい、と思われてる学部に進むのにも英語がすごく必要で、大学をでるときに、この英語のテストで何点以上取れないと、卒業できません、とかもっと上の学校(大学院)にすすめません、とか言われるんだよ。
会社に入っても、何点以上とれないと、お給料あげません、今より偉くなりません、とどこまでも英語は必要なんだよ。

今はまだ学校の科目も多くないから、そんなときに、ほかの子より英語を早く初めて、英語を得意にしておくと、これからず~っと役に立つし、自分のやりたいことがやれる可能性がぐんと大きくなる。

だから今、こうして英語を習わせてもらってることをおうちの人に感謝しなきゃいけないよ。

と小学6年生にわかりやすく話してみました。

でもこれは紛れもない事実で、私は学生、社会人にも教えてみますので厳しい現実を目の当たりに見ます。

就職も決まっているのに、卒業認定にtoeicのスコアが必要なのに、とれそうにない、とか
いつまでに何点とれないと、今後永久昇進ができないんです、とか、大学院入試に何点以上ひつようなのでそれがとれないと、進学先がない、とか。

もちろん、大学入試も推薦入試条件になっていることが非常に多いので、早くに合格を勝ち取れるかどうかはすごく重要です。

みなさんご存知でしたか?
企業がそのように、toeicの点数を提示してくるのはなぜか?
それは、リストラするときに、それを理由に切りやすい、という裏事情が。toeicを企業はそのように活用しているという実態。もちろん、どこもがそうとは言いませんが。


もし同じスコアのひとがいたら、やるかやらないかでその人は判断されますよね?
提示された目的に向かって努力するかしないか、その姿勢は仕事にも共通するとみなされます。

もはや英語から逃げようとしても逃げれない社会になっています。
逆にできれば、可能性がうんと広がる。
softbankなんてtoeic900以上の人には100万円支給ですからね!

思わず、行きたい!と冗談ですが、私は年齢的に無理なので娘に就活で!とこれも冗談ですが。
娘はちがう分野を考えているようなので。

長男が大学入学したとホッとするのも束の間、夏過ぎたら長女の就活です(ーー;)
[PR]
by 2012lib | 2013-04-19 06:54

素晴らしき日々

3/26-4/10まで、アメリカから友人が我が家に滞在しており
家の中は、英語オンリーの生活でした。
彼女は相手がこんなことを言いたいんだろ~な~と
推測して答えてくれるタイプの人ではないので
ブロークンすぎる英語を使うと
おもむろに困った表情をします。

そんな彼女と過ごしていて気づいたのですが
大きい声で(腹式呼吸)
ハキハキと
話すことが大事。

一見当たり前のことですが、なかなかできそうで
できないことだったりします。

でもちょっとの意識で変えられることなので、
お試しあれ。

さて彼女がいる間、いろんなところに観光に
行きました。

そこで思ったのが
やっぱり奈良っていいな~♪
ってことでした。

今まで知らなかった地元の良さを
発見できる機会でもありました。

これからもステキ空間発見するぞ!!
[PR]
by 2012lib | 2013-04-19 06:06

文化の補足

前の記事で、仏教文化と書いてふと思い出したことがあるので補足です。

仏教の伝道では鑑真が有名ですよね。ここ奈良の唐招提寺を作った方です。
奈良ガイドの養成講座の実習で(ほかの受講生や先生の前で英語ガイドをする)ときに、ひっそりとたたずむ
鑑真和尚のお墓も訪れました。

ちょうどその時の中国のトップの温家宝か胡錦涛(どっちだっけ?というとこでその場は終わったのですが(ーー;))来日中で、やはりこのお墓を訪れたと、記事になっていました。私たちが行った時も、大勢の中国人観光客が熱心に手を合わせていました。

鑑真和尚は中国でも偉大な方なのだな、とその姿をみて感じました。

色々と危うい日中関係、根底を流れている精神文化では共通している部分もあるわけなので、良い方向に関係を修復していけることを願っています。

いやあ、さすが仏教のことを書いたら、精神的なまとめになりましたね?

ちなみに、西の京でおりると、まずはド派手な薬師寺、その後ろにある唐招提寺ですが、本当に趣のあるステキなお寺です。(別に薬師寺がだめ、とうことでは全くありません、世界遺産ですし)
新緑の美しいGWなどに訪れられてはいかがですか?


奈良にすむようになって最初のGWは神社仏閣巡りをしました。ちょうど奈良ガイド養成講座に参加していたとき、というのもあるのですが、当時、まだ幼稚園と小学生だった下の二人を連れて。
二人にしたら「え^、また神社?奈良には神社と寺しかないの?」とブーブーいうのを「あとでアイスクリーム買ってあげるから」とだまし文句で連れ回りました。二人には神社仏閣=アイスクリームというのが刻み込まれたかもしれません。

でも末っ子は、その時の影響か、神社が大好き。ふたりで大神神社によく参拝します。
最近はパワースポットブームでいついってもすごい人で、少し前のあの静かなゆったりした境内が懐かしいです。
[PR]
by 2012lib | 2013-04-18 08:41

universal language

英語がuniversal languageと言われても、普段はピンと来ないと思います。

でも、英語圏以外の方と話すときに英語を使うと実感します。

香港にいたとき、末っ子を通して出来た友人は、香港人、中国人、韓国人、フランス人、インド人、ニュージーランド人、ドイツ人、フィリピン人、カナダ人、オーストラリア人、など。

また旅行でも東南アジアの国々へいきましたが、そこで車をチャーターしてインドネシア人、タイ人、マレーシア人のお兄さんと話すのは当然英語。

英語圏の人たちは別として、上記のアジア圏の人と話すときはやはり英語なのです。
すごく不思議な感じがしました。
もちろん、文法や語彙など正しくない?とおもうことは多々あるのですが、それでもface to faceで話しているので意志は通じます。英語があるから、英語圏以外の人とコミュニュケーションがとれるのです。
英語の担う役割の凄さを感じましたね。
そして、ブロークンでもいい、あくまでも意思疎通のツールとしてなら、全然OK!

でも、例えば、仏教は遠い昔、中国、韓国を経て、日本に入ってきたわけで、文化の面では私たちはすごく近い。理解できる部分が多い。なのに、いざ意思疎通を図ろうとすると、そこは英語なわけですよ。
本当、なんだか、不思議な感覚としか言えませんでしたね。

そういう文化的背景は似ていても、精神面では大きく違うところが。

日本はへりくだりの文化ですよね。
絶対試験に合格する!と自信があっても「受かるかどうかわからないし」というの美徳、みたいな。
その感覚で日本に資格試験(通訳ガイドや日本語教育能力検定試験)を受けに帰るときに、
「自信ないけど」と言ってみると、おこられます。
「何言ってるの!受かるために受けるんでしょ!You can do it!」
みたいに思い切り喝を入れられました。

自分への自信、未来を自分でつかもうとする行動力、たくましさ、すごいです。
随分、背中をおしえてもらえましたね。

だから、へりくだるのはあまりしないように、と思ってきたからか、
先日、次男のドイツ演奏旅行説明会で、参加者中男子はうちのことだけ。
引率の先生が声をかけてくださったので、
「なんでもやらせてくださいね。ちからありますから。いい子なんで、なんでもお手伝いすると思います」と
言ってしまいました。

優しい先生方は「見ればすぐわかりますよ」とおっしゃってくださったので喜んでいたのですが、
あとで、”なんだか外国人ママみたいに人前で子どもを普通に褒めてしまった”と気づき、
のちに母に話した時に、同じことを言われてしまいました。


でも、いいことはいい!と言っていいと思います。頑張ってるなら、私頑張ってる!と。

もっと感情をストレートに出せたら、もっと楽になれると思います。

どんどん、グローバル化が進む昨今。職場の中の外国人比率もますます増すでしょう。
そんな中でへりくだり文化は無用!

英語だけでなく、文化面でも、ストレートに自分を表現できるようにグローバル化しましょうね(*^^)v、
[PR]
by 2012lib | 2013-04-18 08:09

連絡先 その2

以前メールの方は掲載しましたが
電話:090-9984-7688(資格関連)
    090-5051-4010(親子・kids.中学生関連)

にて、お問い合わせ、お待ちしております。
[PR]
by 2012lib | 2013-04-17 11:54
全く関連のないタイトルですが・・・

先週末、本田健氏の講演会(年数回しかない)が実家のある岡山であるというので帰省して参加してきました。
彼はベストセラー作家ですが、やはり、本人から聞くのは、本を読むのと全く違ったインパクトがありましたしこれから世の中全体がどうなっていくのか、経済的なこと、いろいろな価値観の崩壊なども含めて、今一度これからの子育ての方向性まで考え直さなければ、と思ったとてもよい時間を過ごせました。

そこへ一緒に参加したのは中学以来の友人。高校からは全く別で、彼女はずっと岡山、私は大学から外へ出てあちこち転居、職業も、子供の数も全然違い、共通点はないのですが、ずっとつながっています。
唯一の共通点は、二人共体育会で主将をして、女を捨てて、汗まみれの大学4年間を送っていたというとこです。

部活動もそうでうすが、それを通してしか得られない貴重な体験がたくさんあります。一生の友人もそうですが、試合に出してもらえない悔しい思い、勝った時の喜び、努力しても努力しても結果が見えない不安、絶望、上級生・監督から怒鳴られまくる、ときとして理不尽な思い(私は人の分まで怒られるタイプでしたから、自分は非はなくとも、怒られると泣いてしまうほかの部員の分間で怒られていましたから)、そりゃあ、帰宅部では到底できない体験をいっぱいします。これが宝です!

そういういろいろな思いを乗り越えたというのは何よりも強い自信になります。その自信はその後の人生の様々局面で自分に前に進む力を与えてくれます。

部活動と勉強の両立、悩む必要ないです!時間がない方が集中しますし、やりたいことをやれている充実感が勉強への意欲も後押ししてくれます。

集中して、細切れな、通学時間などを利用したらいいのです。

いざという時に、踏ん張れるちから、これが何より大事です、人生においては。

友人と私は、全く仕事のジャンルも違いますが、彼女は自分の夢の実現に向けて、それが段々に現実化してきています。そういう友人の姿に、私も力をもらいます。

学生さんたちには、今しかできないことを最優先してほしいなあ、と思います。大人になってやりたくてもできないこと、たくさんあります。

やりたいと思ったことは、とにかく「できるかな、どうかな」などと悩まずに、飛び込んでやってみることです。
そうすると、周りの環境はそれについてきてくれるものですよ。

というわけで、しっかりエネルギーチャージをした私です。最近、そればっかり??
研鑽を積まねば。
[PR]
by 2012lib | 2013-04-16 16:28