子供4人、単身赴任、専業主婦から英語講師に転身したライフ&メソッド、英語勉強法、海外トピックなど綴っていきます!

by 2012lib

帰国子女その後 2

今日は長男の場合

小学3年生渡航。

香港でもサッカーをやろうと、イギリス人コーチのチームに入りました。
イギリス人、香港人、日本人、インド人といろいろです。

しかしコーチは英語。そしてこれがまたすぐぶちぎれる!赤鬼のようになってグランドで怒鳴り散らす。
そしてすぐに「Go home!」で驚いたことに、そう言われて、子供たちはさっさとリュック背負って帰っていく(゚o゚

もちろん我がこも、なれたころには、「Go home!」と言われてから帰ってきた、と帰ってきました。
しかしそこに至るまでに彼は苦労がありました。でも好きなサッカーを通してだから我慢して乗り越えられたのだと思いますが。

もちろん、最初、コーチの言ってることがさっぱりわからない。でもわからないからそのままやるので余計怒られる。そりゃあ、泣くでしょ、3年生ですから。

しかしそこに救世主が!オーストラリア人のママで日本語もできる私の友人が通訳してくれたのです、彼がなれるまで暫く、と言って。本当に神です。

しかし言葉の壁だけではありませんでした。文化の壁?とでもいいましょうか、とにかく日本ではありえないことですが・・・
彼はキーパーをやることも多かったのですが、ディフェンスががらがらで、入れられるべくして入れられたボールも、キーパーのせいにして、みんな文句を言うのです。

そこで黙っていたのではどうにもならない、と彼は悔しい思いを重ねて、覚えたのです、まずはcomplain
の為の英語から。そして聞き取れないと、またコーチに怒鳴りまくられるので、必死に聞き取ろうとしたのだと思います。

強いチームで、あのアーセナルの提携チームでもありますが、香港のフットサルの大会で優勝もしました。
国籍の壁を越えて、チームで戦えたとてもいい4年間だったと思います。

彼の英語は、大好きなサッカーを通して、そして聞き取れなければ自分がとても辛い思いをするというとてもcriticalな状況の中で鍛えられたと思います。危機的状況に置かれること、すごく良かったと思います。

そのおかげで、リスニングは抜群、リーディングも動詞、形容詞、現在完了と言われても???と文法用語はわからないけれど読めて意味も取れる、という力がつきました。

高校まではなんとかその貯金で食いつないできましたが、大学はそうはいかないでしょう、英語のできる子が多そうなところですから(^_^;)

姉と同様、人間どこかで一生懸命やらなければならない時があるんです!

検証;身に危険が迫る状況の中で、必要に迫られて覚える英語、体に刷り込まれるようです。
しかし、これはあくまでも好きなもののためだから耐えられた、ということが大切なポイントです。

補足:その鬼コーチ、指導はとても良くて、そのおかげか?日本では普通に中学の部活で続けたのですが、
中学、高校とも奈良県選抜、国体にえらばれました。(((o(*゚▽゚*)o)))
[PR]
# by 2012lib | 2013-02-05 16:12
昨日大手塾の小学校英語のレッスン初日でした。

思わぬことだらけで、帰りもおそくなり・・・・

でも家に帰り、ポストを見たら、小さな手紙が入っていました。私宛。中をみたら「ママ大好き」と書いてありました。家に帰って「お手紙ありがとう」と言ったら、「なんでわかったの?わからないように汚い字にしたのに」と末っ子。

はい、たしかに、末っ子にしては汚い字だなあ、と思いました。すると、長女が「そんなこと○○しかいいへんやろ。△△(長男)がそんなことしたら気持ち悪いやろ。(18歳ですから)」と。

長女も、普段はバイトに学校にと忙しく、家にいないのですが、この日は学校もバイトもオフで、遊びに行ったのですが、夕食までには帰って、頼んで置いたひと品を作ってくれていました。

そしてなんと珍しく洗い物をしてあるではありませんか?!すると△△が「洗い物しといたから(゚o゚;」
私の記憶の中では彼がこの前洗い物をしてくれたのはいつだったか覚えていません。
サッカーに明け暮れて忙しい高校生活だったので。

春から東京で大学生。今は学校も登校はほとんどなく、大学もずっと前に決まっているので、暇な彼。
東京に行く前に少しは親孝行と思ってくれてるのか。

そして次男は、ちゃんと末っ子の勉強をみてくれていました。私は、土曜日丸一日レッスンで(恐怖の7レッスンです)帰りが遅くなるのですが、彼はいつも夕食を作ってくれます。学校から帰って。

4人いると、そりゃあ、大変なこともてんこ盛りですが、こういう日常のささやかな幸せを、子供の数だけ感じることができます。これだから子育てはやめられない!しかし長女は今年成人式を迎えましたし、長男も東京へ行くのでおそらく戻ってくることはないでしょう。順番に巣立ちのときを迎えるんだなあ~、と寂しさも覚えます。
だからこそ、この子たちとの今大切にしたいと思います。

初レッスン後で緊張がとけたのもあり、気持ちがほっこり暖かくなりました。我が子達、ありがとう~(^O^)
[PR]
# by 2012lib | 2013-02-05 07:26

帰国子女その後 1

LIBです。

我が家の4人兄弟は所謂帰国子女です。香港に4年おりました。

どの年代でi行ったら、帰国してからどのようか、という興味深い検証ができます。

今日は長女の場合。

5年生で渡航。日本人学校でしたが、英語レベルに応じたネイティブによる授業が毎日ある
という

恵まれた環境でした。中2の時に英検2級合格。もちろんリスニングで稼ぎまくりで。

そのまま帰国子女受け入れ校に編入し、高校はオールイングリッシュで全教科をうけ、高校1年
から2年にかけてアメリカシアトルのプレップスクールに留学。(アイビーリグを目指すような子達が
通う学校でした(^_^;)。ホストファミリーは、元マイクロソフトのexecutive のお宅でお城のようで
した。

映画を字幕なしでみて笑ってるレベルです。現在大学で法学部に通っていますが、高校過程が
日本の教育要綱とはかけ離れた(プレゼンやディスカッションをメインとして)ものでしたので、
「これは高校の政経の時間に習ってると思うから飛ばす」と言われ、「なんですか?待って~?」
とそうでなくとも日本語が怪しいのに、普通の日本人でもわけわからん法律用語の中で非常に
苦労しています。

ま、人間どっかで勉強しないといけないようになってますのでね。今やれ!ってとこです。

就活のためにTOEICを受ける、というのでこれよ!という教材を与えてたら、ゆるくやっていまし
たが、ここでもリスニングで稼ぎまくり(満点)915。リーディングは最後まで集中力が持たず
どうでも良くなってくるらしいです(^_^;)普段勉強してないので仕方ないですが・・・・

検証:小学校高学年に海外に行って数年住むというのが一番英語が残ると思います。

もちろん、習得するには幼児より苦労しますが、文法ということを介して習得していくのでしっかりと

ベースが出来ると思います。この年代になると、帰国してからも、洋書を読んだり、DVDを見たりして

自ら英語力を維持しようと思えば可能になりますね。もっとも本人次第でうちの娘の場合は、なってない!
[PR]
# by 2012lib | 2013-02-01 10:22

英語学習遍歴 その1

LIBです。

まずは資格コースのお話。
前回紹介したような多彩のコースを展開しています。
そのほかに、dictation(音声を聞いて書き取ります)、shadowing(音声を聞いてそれについて発語します)
速聴など適宜取り入れています。
そして教材は下記のような多彩なもののなからその方に適してものをお選びして使用するとともに
講師作成のプリントなども使っています。これはTOEICのものだけで、英検もたくさん用意しています。
d0289854_11342250.jpg




さて、今日は私の英語学習遍歴について。
先日、子供の英語学習のために、自分が使っていた教材をダンボールからだしてきたときに、今までお世話になったテキストとまとめたノートの数々と久々に対面して、我ながら、「よくやってたなあ~」と感心しました。
このブログを一緒にかいているChieの方はバイリンガル帰国子女ですが、私はとってもdomestic。
だからこそ、日本で英語を学習する人たちの悩みどころがわかります。でも成せば成るのですよ~、日本にいたって!

普通に中学から英語と出会いました。基礎英語を聴き始めました。
数ある教材の中で最強はやはりN○○のラジオ英語講座シリーズ。やすいテキスト代で、続ければ確かな英語力のアップができます。
で、この講座で英語がすきになり、そのまま英語は得意科目で高校終了までいきました。
さて、大学。西洋史学専攻とは名ばかりで、体育会のテニス部に全てを注いでいた私は、いつもギリギリに教室にテニスウエアのまま駆け込み、出席だけとったら爆睡。
そんなものですから、卒論も、教授の研究分野と知らずに「アメリカ南北戦争」を選んでしまい、しかし愛ある教授は「君は、もうこれとこれを訳してまもとめたらいいから」と分厚い洋書2冊を渡してくれ、それで無事卒業できました。でもあの歴史の洋書を読まされたのはやはり英語力アップにつながっていたと思います。(汗)

次回は社会人になって以降の英語学習について書きますね。
[PR]
# by 2012lib | 2013-01-31 11:39

皆さん、こんにちは!

キッズ英会話では、必ずと言っていいほど保護者の方から
質問がでます。

「英会話に通わせているけれど子供がどれほど上達したかわからない」

その質問よく理解できます。

英会話って塾のテストのようなものもないし、
すぐに成果を表せるものではないですもんね。

保護者にとって高学年になるにつれてその疑問は膨らむようで・・・

講師としては、年間プランも立てていて、ちゃんとゴール設定もしているのですが


そんな中天使(キッズクラスの生徒さん)のお母さんから嬉しいメールをいただきました。

あんまりにも嬉しかったので私だけでとどめるのはもったいないので
皆さまにもお伝えします。


↓↓こちらです↓↓
子どもたちは(姉弟で受講中)、学校に外国人の先生が来られた時に躊躇なく話しかけられ
たようで主人が望んでいるように成長できているのかなと嬉しく思っています。

そうそう、これが大事なんです!!
外国人が来ても物怖じせず話せる力!!!

このメールを読んだとき、すごくすごく勇気ややる気を与えられました。

これからもみんなが、地球人になれるようがんばります♫

d0289854_12175157.jpg

[PR]
# by 2012lib | 2013-01-30 12:17